診療案内

一般歯科

一般歯科

一般歯科診療について

一般歯科では、健康保険適用を中心とした虫歯や歯周病、欠損した歯を補う治療、定期歯科検診を行います。また、お一人お一人に合わせた歯みがき指導も行います。
定期的に歯科検診を受診し、歯のメンテナンス・クリーニングや正しい歯みがき習慣を身につけることで、お口のトラブルを防いだり、虫歯や歯周病の早期発見、早期治療にも繋がります。
ご希望の方はお気軽にご相談ください。

一般歯科診療について

一般歯科で行う治療内容

虫歯治療
歯周病治療
根管治療(歯の根っこの治療)
補綴治療(義歯・詰め物) など

虫歯治療

虫歯は、「ミュータンス」と呼ばれる細菌が歯に付着した食べかすに含まれる糖によって酸を作り、歯の表面が溶かされていくことで起こります。

その進行度合いにより、以下のC0からC4に分類され、治療も患者様の状態に応じた治療方法を行っていくことになります。虫歯は進行すればするほど治療に時間と費用がかかり、他の健康な歯にも悪影響を及ぼします。
「虫歯かも」と感じたら、お早めにご受診ください。

虫歯治療

C0:最初期の虫歯

穴が開く前の「最初期」の虫歯です。溝の部分に茶色い着色が見られることがあります。この段階なら、歯を削ること無く、治療を終えることができます。

C1:表面の虫歯

表面のエナメル質まで、虫歯が進行している状態です。ほとんど痛みが無く、虫歯に気づかない場合もあります。
虫歯になったエナメル質の部分だけを削り、レジン(プラスチック)の詰め物をするだけの簡単な処置で済むため、麻酔をしなくても治療に痛みはほとんど伴いません。

C2:内面の虫歯

エナメル質表層下の象牙質(エナメル質の下にある硬組織)まで進行している状態です。冷たい食べ物や飲み物がしみたり、噛んだ際に痛みを伴ったりすることがあります。
虫歯になった部分だけを削り、レジン(プラスチック)や金属などの詰め物をする処置を行いますが、虫歯の範囲が多い場合には全体を被せ物で覆うこともあります。治療の際には麻酔が必要です。

C3:歯の神経まで達した虫歯

象牙質の奥にある、歯髄腔(歯の中の神経と血管が入っている空洞)まで虫歯が進行した状態で、通常は激しい痛みを伴います。
さらなる細菌の侵入や、根っこの外への感染、痛みを防ぐために神経を取り除き、歯の中をきれいに消毒した後、根尖孔(根っこの先にある歯髄の出入り口)までを完全に薬で塞ぎ、根っこの内部と外部とを遮断します。歯の根の治療を終えたら、金属などを使って土台をセットし、被せ物を接着します。

C4:歯の根元だけ残っている虫歯

虫歯により歯冠部のほとんどが溶け、歯の根の部分だけが残っている状態です。既に歯髄(歯の神経)が死んでいるため、通常は特に強い痛みはありません。
ここまで来ると、もはや治療することはできませんので、早く歯を抜いて傷の治癒を待ち、歯が無くなったところをどのようにして噛めるようにするかを考えることになります(入れ歯、ブリッジ、インプラントなど)。

歯周病治療

歯周病の主な治療としては、まず歯茎の状態を検査したうえで、歯みがき指導やスケーリングによって歯の周りに付着した歯垢や歯石を除去し、口腔内環境の改善を図ります。 治療後も再発防止のため、定期的に検診を受けていただくことをお勧め致します。

歯周病治療

糖尿病罹患者様への歯周病治療も行います

糖尿病と歯周病には密接な関係があり、糖尿病の方は歯周病にかかりやすく、また、歯周病にかかると血糖コントロールがうまくいかず、糖尿病が重症化しやすいと言われています。

糖尿病にかかると、高血糖状態が続いていることによって体内の感染防御機能が低下し、感染症にかかりやすくなります。歯周病も細菌感染が原因となって起こる病気のため、例外ではありません。さらに、高血糖の影響で歯茎の血管に負担がかかっていますので、歯周病が進行しやすい状態であると言えます。

また、歯周病にかかると、歯と歯肉の隙間に「歯周ポケット」ができ、そこから炎症性物質が放出されます。この物質は、血糖をコントロールするホルモンであるインスリンの働きを妨げるため、糖尿病を悪化させる恐れがあります。

当院では、近隣内科医院様等と連携しながら、糖尿病罹患者様への歯周治療を行っていきます。歯周病、糖尿病ともに悪化を防ぎ、改善を図るためにも、糖尿病の方は適切な歯周病治療を受けることが重要です。

歯みがき指導、クリーニング

歯周病治療において欠かせないのが、毎日の歯みがきです。歯みがき指導を通して、正しい歯みがきの仕方を身につけ、習慣づけましょう。

スケーリング

歯垢、歯石などをそのままにしておくと、そこに棲みついた細菌が歯周組織を破壊します。そこで、スケーラーという器具を使用し、歯周ポケット内の歯垢、歯石などを除去していきます。

補綴治療

虫歯などにより失われてしまった部分は、レジンで充填する方法が一般的ですが、虫歯が進行して欠損が大きくなってしまった場合、インレー(詰め物)やクラウン(被せ物)、義歯などの補綴物によって補い、見た目と機能を回復する治療を行います。

補綴物の材質や治療方法によって、健康保険が適用になる場合と適用にならない場合があります。詳しい内容は治療時にご説明致しますので、いつでもご相談ください。

補綴治療

インレー(詰め物)

虫歯の部分を削って除去し、型どりをして、型に合わせたインレーという詰め物を作っておき、翌来院時に歯科用の接着剤でくっつける方法です。中等度からやや大きな虫歯に適応になります。材質は、金属で作られたものやレジン(プラスチック)で作られたもの、セラミック(陶器)で作られたものなど様々な種類があります。保険適用のものとそうでないものがあります。

クラウン(被せ物)

虫歯の範囲が大きい場合の治療方法です。歯の周囲を一周削って型を取り、翌来院時に被せもの(クラウン)を歯科用の接着剤でくっつけます。材質は金属で作られたものやレジン(プラスチック)で作られたもの、セラミック(陶器)で作られたものなどがあります。歯の部位と材質によって保険適用とそうでないものに分かれます。

義歯(入れ歯)

入れ歯には、保険適用の入れ歯と自由診療の入れ歯があります。保険適用の入れ歯は、一般的な保険適用の材料(レジン)を使用した義歯になります。保険が適用されるため患者様の金銭的な負担を最小限に抑えられますが、特に部分入れ歯の場合は材質やデザイン、構造に制限があり、多少ストレスを感じる場合もあります。
自由診療の入れ歯では、そのようなストレスを少しでも解消するために、設計上の調整を行うだけでなく、保険適用の入れ歯よりも良質な材質・技術を用いた快適な入れ歯を作製しています。

BP製剤投与前のスクリーニング検査・治療 および投与中の口腔ケア

BP製剤(ビスフォスフォネート製剤)は、骨粗しょう症やがん、高カルシウム血症などの治療に使用される薬です。

しかしながら副作用として、服用中に抜歯などの外科的手術を行った後、手術部が治癒せず顎の骨が腐ったり(顎骨壊死)、重い感染症にかかったりする例が報告されています。
そのため、すぐに外科的処置が必要な歯や長期的保存が見込めない歯(長くは持たないと予想される歯)がある場合には事前に抜歯を行い、抜歯が必要ない歯に対しては歯科処置を済ませることで、服用中の副作用のリスクをできる限り軽減します。
当院では、BP製剤投与前のスクリーニング検査を行い、検査の結果、外科的処置が必要と判断した場合にはその処置を行います。また、投与開始後は外科処置を行いにくい状態になります。その分、日々のお口の健康管理が非常に重要となりますので、定期的な歯のメンテナンス・クリーニングを承ります。

BP製剤をこれから投与される方、投与中の方は主治医とご相談のうえ、お申し出ください。

BP製剤投与前のスクリーニング検査・治療 および投与中の口腔ケア

口腔外科

口腔外科

口腔外科診療について

口腔外科では、親知らずの抜歯、顎関節症、嚢胞、簡単な外傷などの「通院のみで完結する小手術」を行います。
重度の外傷・炎症・腫瘍などは、正しい診断・治療のために当院にはない検査や入院施設が必要となりますので、適切な高次医療機関へ紹介させていただきます。

口腔外科診療について

親知らずなどの埋伏歯の抜歯

埋伏歯は、骨や粘膜の中に埋もれて出てこない歯を指し、その状態によって大きく3種類に分類されます。

親知らずなどの埋伏歯の抜歯

完全埋伏歯

骨の中に完全に埋まっている

不完全埋伏歯

歯の一部分が見えている

水平埋伏歯

真横を向いて埋まっている

こうした埋伏歯の多くは、歯が生えるために必要なスペースが足りていないことで起こります。埋伏歯があると、周りの歯が押されて歯並びが悪くなったり、永久歯が生えてこられなかったり、嚢胞の原因になったりします。また、親知らずが不完全埋伏歯の場合には、智歯周囲炎と言って親知らず周辺の歯茎が炎症を起こすこともあります。

埋伏歯の治療では、問題が無ければそのままにして様子を見ることもありますが、歯を覆っている骨を削って埋伏歯が生えてくるように誘導したり(開窓療法)、埋伏歯を牽引して矯正を行います(開窓・牽引を行う場合には矯正科との連携治療となります)。

埋伏歯の一つである親知らずは、多くは抜歯となります。親知らずは、手前の歯と同じ生え方をしており、普通に噛めているのであれば問題は無いのですが、横に生えたり、生え切らなかったりする場合には、きちんと歯みがきができないので、虫歯や歯周病になる可能性が高くなります。さらには手前の歯を虫歯にしてしまうこともあります。親知らずが気になったら、一度ご相談ください。

口腔粘膜疾患の治療

口腔カンジダ、再発性アフタ性口内炎、口唇ヘルペス、ドライマウス(口腔乾燥症)などの口腔粘膜疾患の診療を行います。

口腔粘膜疾患の治療

口腔カンジダ

「歯茎などの粘膜が赤っぽい」「舌がピリピリする」「口の中に白い膜ができる」などの症状がみられる感染症です。当院では診断のため「カンジダ菌検査」を行うことが可能です。治療としては、口腔内のクリーニングおよびうがい薬や塗り薬、内服薬などを用います。

再発性アフタ性口内炎

中心が白っぽく周りが赤い、強い痛みを伴う口内炎が、繰り返しできる状態です。基本的には塗り薬やうがい薬で治療しますが、内服薬を用いる場合もあります。

口唇ヘルペス

唇やその周辺に痛みを伴う水疱(みずぶくれ)ができる感染症です。ヘルペスウイルスが原因であるため、抗ヘルペスウイルス薬を用いて治療します。

ドライマウス(口腔乾燥症)

慢性的に口が渇き、「食べ物が飲み込みにくい」「舌が痛い」などの症状が現れたり、時には味覚異常につながることもあります。治療としては、服用している薬の副作用であればその薬を可能であれば変更したり、唾液腺マッサージ、内服薬などで改善を試みたりして対処します。

粘液嚢胞の摘出・病理検査

粘液嚢胞は、主に唇裏にできる袋状のふくらみです。唾液を分泌する小唾液腺というところが閉塞し、唾液が粘膜の下に溜まってしまうことで起こります。

当院では手術にて嚢胞の摘出を行います。また、摘出後には病理検査を行い、1週間ほどで結果をお知らせすることが可能です。検査の結果、追加治療が必要と判断された場合には、適切な医療機関にご紹介致します。

粘液嚢胞の摘出・病理検査

顎関節症治療

顎関節症とは、顎の関節の周辺で、何らかの要因により痛みや機能低下が起きることを言います。

原因は、噛み合わせが悪い、歯ぎしりや歯を噛みしめる癖、むち打ちなどの外傷、精神的ストレス、左右いずれか片側の口でばかり噛む習慣など、様々な要因が重なり合い、顎の関節に強い力がかかることで起こると考えられています。

顎関節症治療

治療方法

まずはお話を聞き、顎関節症の原因となる悪習癖の除去より開始します。症状に応じて、運動療法、投薬治療、マウスピースの作成など、お一人お一人に合わせた治療方法をご提案致します。

マウスピース:上顎あるいは下顎の歯列に被せるスプリント(マウスピース)を睡眠中に使用して、夜間のうちに無意識に生じる食いしばりや歯ぎしりによる顎関節や筋肉への負担を軽減させます。

スプリント治療の流れ

鎮痛薬を服用し,関節内の炎症を抑えます。
スプリントを上顎全体に装着して治療致します。(約6ヶ月間)
症状が改善しない場合は、外科的治療を行うか、適切な医療機関にご紹介致します。

小児歯科

小児歯科

小児歯科診療について

小児歯科では、お子様の虫歯治療のほか、虫歯予防、永久歯が生え揃うまでのお口の健康管理を行います。

お子様の年齢・成長などを踏まえた診療を行い、大人になっても歯のトラブルが少なく健全な食生活を送れるよう、歯の発育に関するご相談も承ります。

小児歯科診療について

小児の口腔外科治療

嚢胞、簡単な外傷などの「通院のみで完結する小手術」を行います。
必要に応じて適切な高次医療機関へ紹介させていただきます。

小児の口腔外科治療

当院で行う小児口腔外科治療

口腔内創の縫合

口腔内における、噛んだりしてできた傷などの縫合を行います。

歯牙脱臼の固定

外部から力が加わることで歯が内側に倒れ込んでしまう状態を、歯牙脱臼と言います。治療としては、歯を元の位置に戻し、ワイヤーと歯科用接着剤を用いて固定することで治癒を促します。

上唇小帯切除術

上唇小帯は、上唇の裏側の中央から歯茎に伸びているすじを指します。この部分が通常よりも長いと、口が開きにくく、歯が磨きにくく、正中離開の原因にもなりますので、局所麻酔のうえ手術で切除します。(処置中に暴れてしまうと危険なため、静脈鎮静法・全身麻酔での処置が妥当と判断した場合は適切な医療機関へ紹介します。)

粘液嚢胞(主に唇裏にできる袋状のふくらみ)の摘出、病理検査

唾液が粘膜の下に溜まることでできる嚢胞を、手術にて摘出します。摘出後には病理検査を行い、1週間ほどで結果をお知らせすることが可能です。検査の結果、治療が必要と判断された場合には、適切な医療機関にご紹介致します。

小児の虫歯治療

乳歯には、「歯並びを整えて永久歯が正しく生えるように導く」「食べ物をしっかり噛んだり正しく発音したりするための顔や顎の形を整える」など、将来健康的な食生活を送るための大切な役割があります。
いずれ生え変わるからと言って放置せず、違和感がある場合にはお早めにご相談ください。
また、お子様の虫歯は年齢によって虫歯のできやすい場所に違いがあります。お子様の年齢に応じた虫歯になりやすい場所を保護者の方が普段から意識し、仕上げみがきなどでしっかりとケアしてあげましょう。

小児の虫歯治療

小児虫歯の起こりやすい場所と年齢

1~2歳:上の前歯
2~3歳:奥歯の噛み合わせの溝
4歳頃:一番奥とその手前の奥歯が接している部分
6歳頃:生え変わったばかりの奥歯の溝

小児の虫歯予防

お子様の虫歯予防では、フッ素塗布やシーラントで歯質の強化を図るとともに、幼いうちから正しい歯みがきの習慣を身につけることが大切です。
正しい歯磨きの方法など、お子様の歯について不安な点がございましたら、お気軽にご相談ください。

小児の虫歯予防

フッ素塗布

フッ素には、虫歯菌が出す「酸」に対する抵抗力を高める効果があります。特に乳歯や生え変わったばかりの永久歯に効果的で、定期的に塗布することで虫歯になりにくい歯質を作ることができます。
また、歯の再石灰化を促す効果もあり、初期虫歯であれば修復を促して、虫歯が進行するのを防ぎます。

シーラント

乳歯は奥歯の溝が深く形状も複雑なため、どうしても歯ブラシの毛先が入りにくく、毎日歯磨きをしていても虫歯になることがあります。
シーラントは、そんな奥歯の溝を薄いフッ素入りの樹脂で塞ぎ、虫歯を予防する処置です。

歯みがき指導

歯磨き指導は、歯磨きを習慣づけられるように3歳頃から行います。幼い頃から歯磨きに慣れさせ、さらに保護者の方が仕上げ磨きを行うことで、虫歯予防の効果が高まります。
虫歯予防の基本は、毎日の正しい歯みがきです。虫歯を防ぐための正しい歯ブラシの持ち方やそれぞれのお子様に合わせた効果的な歯磨き方法、保護者の方へ「仕上げ磨き」のポイントなどのご説明を致します。

ホワイトニング

ホワイトニング

ホームホワイトニングについて

ホームホワイトニングでは、専用の薬剤(ホワイトニングジェル)と、患者様の歯列に合わせて作成した専用マウスピースを使用します。なお、漂白については、患者様ご自身がご自宅で行います。
ご注意点としては、健康状態や歯の状態によってはホワイトニングが適さない場合もございますので、ホワイトニングの前にご来院いただき、カウンセリングと口腔内検査が必要になります。
その際に虫歯や歯周病などが見つかった場合には、その治療を終えてからホワイトニング開始となりますのでご了承ください。

ホームホワイトニングについて

メリット

自宅で行うため、通院回数は少なくて済む。
漂白の回数を調整することで、ご希望の色調に合わせたホワイトニングが可能である。
クリニックで行うオフィスホワイトニングよりも持続性が高く、長期にわたって自然な白さが保てる。

デメリット

ホワイトニング中は着色性のある飲食物(コーヒー、赤ワイン、カレーなど)を制限する必要がある。
比較的漂白に期間を要する。
薬剤による違和感が生じる事がある。

注意事項

下記に該当する方には使用できませんのでご注意ください。

・健全でない歯(う蝕、くさび状欠損、咬耗症、クラック等)
・就寝中の装着
・無カタラーゼ症
・妊娠中、授乳期の女性
・未成年者
・重度の歯肉炎や歯周炎
・知覚過敏症の患者
・エチレン酢酸ビニルに対し、アレルギー反応が見られる場合
・グリセリンに対し、アレルギー反応が見られる場合

ソフトレーシートは、加熱しすぎると分解しますので、230℃以上には加熱しないでください。

注意事項